文句なしのハイスペック!FREETEL SAMURAI 極

FREETEL SAMURAI 極

最新のオクタコアCPUと6インチWQHDディスプレイを搭載。
多くの機能を凝縮した、フラッグシップの名に相応しい逸品です。
是非その手でスマートフォンの「極み」を体験して下さい。


日本人エンジニアが日本人のために製作したSIMフリースマホ登場!

img_kiwami01前回に引き続き、今回もSIMロックフリースマートフォンのご紹介です!
今回ご紹介するスマートフォンは、プラスワン・マーケティングから発売された「FREETEL SAMURAI 極」です!今までご紹介させて頂いたSIMロックフリースマートフォンとは違い、日本人エンジニアが日本人のために製作した商品です!全世界で売れそうなスマートフォンを販売する外資系メーカーとは違い、日本市場にマッチさせた「デザイン・性能・ユーザビリティ・品質管理」をクリアしたスマートフォンを世に送り出しいています!

FREETELとは

img_kiwami02“FREETEL SAMURAI 極”は今までのSIMロックフリースマートフォンとは、異なるコンセプトで作られています!ご存知の方も多いかと思いますが本スマートフォンの開発・設計を担う「プラスワン・マーケティング」は国内メーカーです。単なるOEMやODMメーカーとは違い、同社の日本人エンジニアの手によって商品開発・設計が行われています。言わば、日本人のニーズに完全マッチングしたSIMロックフリースマートフォンになっています。当然のことながら、「デザイン・性能・ユーザビリティ・品質管理」をクリアした商品に仕上がっています。

控えめな「大人デザイン」

img_kiwami03大半のSIMロックフリースマートフォンのデザインと言えば、良い意味でも悪い意味でも尖ったデザインでした。その点、“FREETEL SAMURAI 極”はどこか控えめでシンプルな「大人デザイン」。個性を強調したいユーザーには、シンプル過ぎるデザインかもしれません。しかし、あまり個性を強調しない日本人の国民性を考えればシンプルなデザインの方が購入しやすいのではないのでしょうか!また、着飾らないシンプルさなのでビジネスシーンでも違和感なくお使い頂けます。

img_kiwami04img_kiwami056インチの大画面ディスプレイを搭載しています。SIMロックフリースマートフォンには珍しく、フルHDよりも解像度が高いWQHD(2,560×1,4440)を搭載しています。お手持ちのスマートフォンより高精細で美しいディスプレイを実現していること間違いなしです!フロントには、フロントカメラ(800万画素)、通知ランプ、受話口を搭載しています。

img_kiwami06スマートフォンを使う上で最も心配な破損と言えば、ディスプレイガラスの破損。“FREETEL極”には、ディスプレイガラスが割れにくい・傷つきにくい高耐久性を持つ「Gorilla Glass 3」が採用されています。通常であれば、ハイエンドスマートフォンにしか採用されていないディスプレイガラスが採用されているので安心して使えます。

以下の動画では、Gorilla Glass 3 の耐久実験を実証しているデモンストレーションの視聴が可能です。

img_kiwami07左サイドには、nanoSIM(MicroSD)スロット、microSIMスロットを搭載。

img_kiwami08右サイドには、音量ボタン、電源ボタンを搭載。

img_kiwami09上部にはイヤフォンジャック、下部にはスピーカーとmicroUSB接続端子を搭載。

img_kiwami10

背面には、セキュリティを向上させる「指紋認証」、2,100万画素のメインカメラ、フラッシュを搭載。

img_kiwami11左からiPhone 6s、Xperia Z5、FREETEL SAMURAI 極

iPhone 6s、Xperia Z5、FREETEL SAMURAI 極 の3機種の大きさを比較しました。4.7インチ、5.2インチ、6インチとディスプレイサイズが大型化しています。

img_kiwami12FREETEL SAMURAI 極 に搭載されているディスプレイは大型ですが、ベゼル幅が薄いので片手でも持てるサイズに仕上がっています。本体寸法は159.5×82.9×8.9mm、重さは約182g。FREETEL SAMURAI 極 は、5.5インチディスプレイを搭載するiPhone 6s Plusと同等なサイズでありながら約10gの軽量化を実現しています!

オクタコア搭載でサクサク動作

img_kiwami13CPUにはMediaTekの「Media Tek MT6795 2GHz×8 (オクタコア)」を搭載。64bitに対応しており、従来の32bitプロセッサと比較するとパフォーマンスの向上を実現しています。

img_kiwami14「AnTuTu Benchmark」と「Geekbench 3」にてベンチマークを測定した結果、前者のスコアは”54060”、後者のマルチコアスコア”4354”を記録しました。

img_kiwami15AnTuTu Benchmarkでは、Xperia Z5やNexus 6に劣る結果となりました。しかし、日本国内でも発売され、好評なHuaweiのP8 Liteと比較すると大幅にスコアを上回る結果となりました。

img_kiwami16シングルコアでの計測結果         マルチコアでの計測結果

Geekbench 3のスコアを他のスマートフォンと比較すると、シングルコアでの測定結果は”881”となり、ハイエンドモデルより約400スコア劣っています。マルチコアではGalaxy S6やNexus 6などのハイエンドモデルよりも約200スコア高い結果を計測しました。この2つのベンチマークの計測結果から、ハイエンドモデルと同等なポテンシャルを持つスマートフォンと言えます!

レスポンスチェック

メインメモリ(RAM)は3GBを搭載し、アプリの起動・切り替え・終了も素早く行えるので動作にストレスを感じることはありません!ストレージ(ROM)は32GBとハイエンドスマートフォンと同等の容量を確保。ストレージに加え、microSDカードスロットにより増設ができ、microSDXCであれば最大128GBの増設が可能です。

日本人が求める「セキュリティ性能」や「愉しさ」を搭載!

img_kiwami17_02   指紋の登録画面           指紋認証センサーにて指紋登録

SIMロックフリースマートフォンには珍しく、指紋認証機能が搭載されています。指紋の登録などは「登録チュートリアル」で行え、誰でも簡単に指紋登録・管理が出来ます。登録できる指紋は最大5つまでです。

img_kiwami18指紋認証管理ウィザード

bloggif_56d56ad92360c指紋認証でロックを解除

img_kiwami19指紋ごとの動作設定

bloggif_56d56b2347d51指紋認証でブラウザを起動

指紋ごとにブラウザアプリや電話アプリの起動などを割り振り設定することが出来ます。

img_kiwami20ジェスチャー機能による操作も搭載されています!Xperiaシリーズに搭載されている「ダブルタップで画面点灯」や「上にスワイプしてロック解除」、「Cを描いてアプリ起動:カメラ」などに対応。一部のジェスチャーは起動するアプリを任意のアプリに変更することが出来ます。

Cを描きカメラを起動

Cを描くと、軌跡に沿ってディスプレイが光ります。感度も非常によく、誤作動が少なく快適にカメラを起動することが出来ました。

NTTドコモとソフトバンクモバイル回線でも使える!

img_kiwami21FREETEL SAMURAI 極 対応バンド/周波数

“FREETEL SAMURAI 極”では、「NTTドコモ」と「ソフトバンクモバイル」の両ネットワークに適合していますが、対応周波数が多いNTTドコモネットワークの方がより快適にお使いいただけます。NTTドコモのSIMカード、もしくはNTTドコモ系のMVNOのSIMを使えば、下り最大150Mbpsの速度で通信することが出来ます。

img_kiwami22無線LANは、IEEE 802/11 a/b/g/n/ac(2.4GHz / 5GHZ) に対応。本サイトで最大通信速度を確認したところacで433Mbps(理論値)を確認しました。複数のアンテナを使うMIMOは非搭載ですが、最新のac規格に対応し、動画のストリーミング再生も止まることなくスムーズに行えました。

大切な一瞬を見逃さない高画質なソニー製カメラを搭載

img_kiwami23ハイエンドスマートフォンではお馴染みの2,100万画素のソニー製メインカメラを搭載。高品質な6層構造、暗い場所も明るく撮影できるf2.2の明るいレンズを搭載しています。0.1秒のフォーカススピードを実現しており、一瞬のシーンを逃さずに撮影できます!多くのSIMロックフリースマートフォンが1,300万画素前後のカメラを採用にとどまっていることを考えると、貴重な1台と言えます。

img_kiwami24HDR:オフ               HDR:オン

色つぶれが少ない写真を撮影できるHDR機能も搭載しています。

HDRとは…通常の撮影では、明るい部分と黒い部分の差が分かりにくい写真が仕上がる場合があります。
HDRを有効にすると自動で複数枚の写真を撮影し、明るい部分と黒い部分の差を鮮明にさせ、色つぶれが少ない写真を仕上げることができます。

img_kiwami25フロントは800万画素のカメラを搭載!500万画素のiPhone 6sのフロントカメラと比較すると”FREETEL SAMURAI 極”の方が1.6倍も高精細な写真を撮影できます。高精細なだけではなく、背面カメラ同様にフロントカメラもHDRによる撮影が可能です。逆光時の自撮りでも黒色つぶれがない写真を撮影することができます。

コストパフォーマンスの極

img_kiwami26国内で発売されているSIMロックフリースマートフォンでは数少ない「高精細ディスプレイ」、年々必要性が向上している「指紋認証」、当たり前の動作を当たり前のレスポンスで動作させる「オクタコアプロセッサ」、思い出を美しく撮影する「カメラ」…。と、ハイエンドスマートフォンに必要とされる多くの機能を凝縮しながらも、4万円台を実現しています!

この機会にハイエンドスマートフォンの機能を多数盛り込んだコストパフォーマンス良しのSIMロックフリースマートフォン「FREETEL SAMURAI 極」の購入をご検討してみてはいかがでしょうか。