バッファロー ラムディスクユーティリティー


パソコンのメモリはいくつ搭載してますか?

メモリ価格がお手頃なこともあり、大容量を積んでる方も多いと思います。

多いほうがパソコンもよりキビキビ動きますが、実はメモリ搭載量に限界があることをご存知でしょうか。



一般的な Windows XP や Vista は32ビットWindowsです。32ビットWindows はシステムの設計上、

約3.2GBのメモリしか管理することができません。

つまり、それ以上のメモリを搭載しても「使えないメモリ」が発生するだけで、増設する意味がないことになります。

たとえマザーボードが3GB以上に対応していても、です。



では、その「使えないメモリ」をなんとか有効活用する方法はないか。

実は今回ご紹介する「ラムディスクユーティリティー」がその答えです。

ラムディスクとは

ソフトウェアを使うことで、メモリ上にデータを記録できる領域を作り、ハードディスクと同じような使い方ができます。

ハードディスクとの大きな違いは、その書き込み、読み込みのスピードが桁違いに速いことです。

ただし、ソフトウェアで制御しているため、パソコンの電源を切ってしまうとデータは消えてしまいます。



バッファローのラムディスクユーティリティーは、誰でも簡単にラムディスクを導入できるよう作られています。

またラムディスク上のデータを自動バックアップすることで、パソコンの電源を切ったとしても

再起動時にデータが復元されるのが大きな特徴です。



フリーソフトなのでどなたでもご利用いただけますが、

OS管理領域外、つまり「使えないメモリ」部分にラムディスクを作成する場合、

バッファロー製のメモリが必要になります。(他社メーカーとの混在でもOK)

バッファロー製ならどれでも大丈夫なので、お買い得な白箱パッケージでもOkです。



メーカー紹介ページはこちら

「ラムディスクでWindowsの限界を突破する | メモリーMAX増設で本当の力が目を覚ます」

実際に使ってみました

実際にどの程度快適になるのか試してみました。



使用したパソコンは以前メモリ増設で使用したレッツノート「CF-W4」です。



まずはメーカーよりソフトウェアをダウンロードし、インストールします。

インストールが完了すると設定画面が現れます。

RAM02.jpg
ここで設定を行っていきます。

このパソコンは1.5GBしかメモリがない為、OS管理領域のみ設定することができます。

32MBから最大値まで、32MB単位で好きな容量の設定ができます。

今回は「256MB」を選びました。

併せて「Internet Explorerのキャッシュとして使う」にもチェックしています。



設定が完了すると再起動するよう言われますので、再起動します。

RAM01.jpg

再起動後、マイコンピュータ内のハードディスクドライブに

「BFRD-DRIVE」が出来ていれば成功です。



では、実際に使用してみます。

まずInternet Explorerですが、最初はキャッシュがない状態のため

すぐに効果は感じられませんでしたが、キャッシュが溜まってくると、

一度見たページの表示が速くなりました。



また、デジカメで撮った画像の整理のため、ラムディスクにデータを移し、

そこで確認作業を行いましたが、あきらかに表示速度が速くなりました。



今回使用したパソコンが古いこともあり、効果が出るのか疑問でしたが、

体感でわかるほど変わったため、ラムディスク化は効果絶大でした。

ただしメインメモリが多くないため、ラムディスクにそれほど多く割り当てられないのが残念です。



無料で、しかもOS管理領域内ならバッファロー製メモリでなくても設定できますので、

気になった方はぜひ試してください。